タイトルロゴ


■ 比較認知科学研究室(Laboratory for Comparative Cognition and Neurobiology)

[English version]

 ヒトや動物(霊長類)の心の働きを生物学的な手法をもちいて調べている研究室です。ヒトと動物の行動を比較し、ヒトの心の特徴や動物との共通性を見出すことや、怒ったときやコワイと感じる生理学的基盤を、脳波や心臓循環器系の生理反応(血圧、心拍、1回心拍出量、総血管抵抗値)を指標として調べてます。
 これらを実現するために、サルの研究は京都大学霊長類研究所(ニホンザル)や国立精神・神経医療研究センター(マーモセット)と協同で研究しています。
 さらに、生理反応を測定する脳波形、各種生理反応計測装置、心拍出量計測装置、超大型モニター(6 K: 55 inch x 9面)や電磁シールドされた専用の防音室などを備えています。
現在は、コンピューターゲームをしている際の脳の活動や、仮想空間内での心理についても調べています。

======
What's New
掲載日 タイトル
2019/10/29 NHK Eテレの「すイエんサー」「10周年記念蔵出し! じゃんけん&あっち向いてホイ必勝法」の回が再放送されました。
人気のあった回を再編集したものですが、さらにその再放送です。このページに、じゃんけんの必勝法が開設されています。
2019/10/15  週刊誌「週刊朝日」(10月25日号)に、インタビュー記事「イライラ運転、店員・駅員への八つ当たり キレやすいシニアへの処方箋」が掲載され、中高年者の怒りの抑制について解説しました。
2019/10/15 週刊誌「サンデー毎日」(10月27日号)に、インタビュー記事「〔嫉妬に勝つ!〕キレる高齢者にならない心の処方箋」が掲載され、高齢者の怒りの抑制について解説しました。
2019/10/11 読売新聞(夕刊 10面)の「類人猿も心読める?」と題した記事で、京都大学の研究チームが発表した研究の意義を解説しました。
2019/10/10 誠文堂新光社の月刊誌「子供の科学」11月号に、、ヒトは自然の風景からトカゲより兵を早く正確に見つけ出すという研究結果(Kawai & Qiu, in press)が写真とともに紹介されました。
2019/10/10 マガジンハウス社の雑誌「クロワッサン」1007号の「大人のマナーの新常識。」で、インタビュー記事「わだかまりを残さず、すっきり。センスある、お詫びとクレームとは」が掲載されました(p.30-31)。
2019/10/2 NHK Eテレの 「又吉直樹のエウレーカ」に出演した回(「この”怒り”をおさめるには?」)に出演しました(10月2日(水)22:00-22:45放送されました(再放送は10月3日 深夜))。怒りが生じるメカニズムやその抑え方について対談しました。
2019/9/5 Springer Natureから、英文の単著「The fear of snakes: Evolutionary and psychobiological perspectives on our innate fear」の電子版が発行されました。ハードカバー版(紙版)は10月3日に発行されました。
2019/8/30 NHK総合テレビ 「チコちゃんに叱られる」に出演し、なぜ子どもの頃のことを覚えていないかについて解説しました。
2019/8/24 TBSテレビ 「まるっとサタデー」に出演し、あおり運転が社会問題化するなかで、運転中の怒りについて解説しました。
2019/8/16 Cognition and Emotion誌に「自然な情景のなかからでもヘビを正確に見つける」という論文が採択されました。
2019/8/2 CBCテレビ 「チャント!」の「チャント調べます」コーナーで放送された、「名古屋の街中にポツンと一軒家のお化け屋敷が登場!」に出演し、お化け屋敷の怖さについて解説しました。
2019/7/29 東京新聞(夕刊)で、「一心不安 現代日本人の孤と個」の連載がはじまります。9月30日まで、週5回を9週間(44回)です。
2019/6/9 (BSフジ)で、科学番組「ガリレオX」に出演します。
「子どもとは何だろう?認知科学と社会科学で子どもの本質に迫る」とのタイトルで、子どもの頃のことを覚えていない理由(幼児期健忘)について解説します。
放送日 2019年 6月9日(日) 昼11:30〜12:00 
再放送 2019年 6月16日(日) 昼11:30〜12:00
2019/5/25 デイリー新潮に、「突然キレる「凶暴老人」が急増中、日本人特有の事情を認知脳科学者が解説」との題で、『凶暴老人』にもとづいたインタビュー記事が掲載されました。
2019/4/30 NHK Eテレの「すイエんサー」「10周年記念蔵出し! じゃんけん&あっち向いてホイ必勝法」の回が放送されました。
番組放送10周年を記念し、人気のあった回を再編集し、あらたなMC(いとうあさこ さん 横山だいすけ さん)とともに放送されました。
2019/4/25 Journal of Comparative Psychologyに論文がOnline Firstで掲載されました。
向社会的なマーモセットは第三者のやり取りが公平かどうかを認識するが、独占的な種であるニホンザルはそのような認識をしないという実験論文です。
2019/3/21 NHK Eテレの「ろんぶ〜ん」「謝罪」の回が放送されました。
2019/3/18 Journal of Comparative Psychologyに論文が採択されました。
2019/2/6 NHKの「ろんぶ〜ん」収録をしました。
久しぶりに壇密さんにおめにかかりました。3月21日放送予定です。
2019/1/25 ビジネス情報誌 エルネオスインタビュー記事が掲載されました。
インタビュアーは、「週刊現代」や「フライデー」で編集長を務められた元木昌彦氏でした。
2019/1/24 CBCラジオ「多田しげおの気分爽快〜朝からPON」に電話出演し、高齢者が連続した赤信号でイライラするメカニズムを解説しました。
2019/1/22-2/25 共同通信社から「キレる高齢者」という特集でインタビュー記事が掲載されました。2月25日まで計28誌に掲載されました。
2018/12/13 週刊文春の新刊書籍 書評・レビュー情報  「2018/12/20号」で「凶暴老人」が紹介されました。
2018/12/8 東京新聞の 「土曜訪問」インタビュー記事が掲載されました。
土曜訪問は、10月20日の西村京太郎さん(作家)・11月10日の梅図かずおさん(漫画家)・11月17日のわたなべまさこさん(漫画家)・11月24日の井上由美子さん(脚本家)・12月1日の宮本輝さん(作家)に続いての登場です(汗)。
2018/12/4 「社会的な存在-他者-をプロジェクションする」と題した展望論文が「認知科学」誌に採択されました。2019年3月刊行予定です。
2018/12/1 「認知科学」誌に巻頭言「研究者の職人魂と夏の道場」(Vol. 25, 365-366.)が掲載されました。
2018/11/10 朝日新聞に「凶暴老人 認知科学が解き明かす「老い」の正体」の書評が掲載されました。
2018/10/25 NHK総合「所さん大変ですよ」(10月25日(木)放送)の「食卓の秘密道具で健康長寿!?」の会で中田特任講師がVTR出演し、鏡を見ながら食べるとおいしくなることを報告した研究について番組内で紹介し、そのメカニズムを解説しました。また、スタジオではタレントや女優の課tに再現実験をしてもらいました。
2018/10/22 東京新聞 朝刊4面(中日新聞10月25日夕刊2面)中田特任講師がIT技術を使用しての「共食」に注目した研究を紹介する記事で、VR上で動作する擬似的共食動画を提供するコンテンツ「バーチャン・リアリティ」の効果についてコメントしました。
2018/10/3 NHK Eテレ「ウワサの保護者会」 の「子どもの怖いもの」特集(2018年10月6日(土) 21:30-21:55:NHK総合 10月11日(木) 11:05-11:30)に出演し、子どもがどのような状況をどのような理由で怖がり、どう対処すればよいかを解説します。
2018/10/3 小学館新書より 『凶暴老人 認知科学が解明する「老い」の正体』が刊行されました。
2018/7/12 運転中の高齢者は連続する赤信号で怒りを感じやすいという研究がNHKのニュース番組「まるっと!」(7月12日 午後6時10分〜 午後7時00分)で紹介されました。
2018/7/10 運転中の高齢者は連続する赤信号で怒りを感じやすいという研究が新聞(中日新聞 朝日新聞)で紹介されました。
2018/7/9 運転中の高齢者は連続する赤信号で怒りを感じやすいという 研究がEarly Viewで公開されました。
ドライビングシミュレーションを使った実験 で、高齢者は赤信号が連続する走行状況した後に、怒り行動尺度得点(そのときにどれだけ怒りを感じているかを調べる心理検査)が増加し、額の上の前頭部の脳血流量(酸化ヘモグロビンの変化量)が左側で上昇し怒りの状態であることわかりました。しかし、学生ではそのような変化は見られませんでした。また青信号を走行するときには高齢者でもそのような変化はありませんでした。  
2018/5/7 特任講師の中田さんの研究が 日本経済新聞で紹介されました。
2017年度版 食育白書で、すべての食事を1人で取る日が週の半分を超える人が15.3%を占めると報告されるような社会的背景をもとに、一人で食事を取ることの意味とおいしさの高める秘訣について取材があり、鏡を用いた食事法について「デンシバSpotlight」のコーナーで説明しました 1ページ・2ページ  (「家族でも『ひとりごはん』、鏡やネット使い『一緒に』」2018年5月7日 日本経済新聞夕刊)。
2018/5/7 Japanese Psychological Research に論文が採択されました。
Japanese Psychological Research 誌に、高齢者は連続して赤信号に引っかかると怒り(攻撃性)を感じることを脳の血流量の変化と質問紙の回答で示した論文が採択されました(Volume 60(4), 2018, in press)。
2018/4/20 NHK総合 「チコちゃんに叱られる」に出演しました。
空前のペットブームを受けて、ヒトはなぜペットを飼うか、という問いがあり、ヒトが資源を仲間に分け与えようとする傾向に関連していることを、ちょっとした実験を示しつつ説明しました。
2018/3/15 発達心理学研究に論文が採択されました。
発達心理学研究 誌に、高齢者は運転中に渋滞時に怒り(攻撃性)を感じることを脳の血流量の変化と質問紙の回答で示した論文が採択されました(Volume 29(3), 2018, in press)。
2018/2/3 Behavioural Brain Researchに論文が掲載されました。
Behavioural Brain Research 誌に、自閉症マーモセットは不公平を感じないとの論文が掲載されました(Volume 343, 2 May 2018, Pages 36-40)。
2018/2/3 「中日こどもウィークリー」に記事が掲載されました。
中日新聞 「中日こどもウィークリー」で、鏡食によっておいしさが増すことを説明した記事が掲載されました。
2018/1/15 News Picksに記事が掲載されました。
経済ニュースプラットフォーム の「NewsPicks」の「イノベーターズ・トーク」で1週間にわたって、怒りを鎮める方法や効果的な謝罪方法についてのインタビュー記事が掲載されました(有料記事)。多くのコメントをいただきました。
2018/1/5 「日本教育」【新春特集】「日本の将来を語る」で記事が掲載されました(No. 474)。
「日本の将来を語る」特集として、「人をヒトと思う教育を」という記事が掲載されました。
2017/11/07 「サンデー毎日」のSUNDAY LIBRARYコーナーの著者インタビューとして記事が掲載されました(11月19日号)。
「科学の知恵 怒りを静める うまく謝る」(講談社現代新書)の著者として作品について語っているはずですが、なぜか京都人のいけずな面をさらけ出しています。
2017/10/28 NHK総合「ウィークエンド中部」にVTR出演しました。
9/カトリーナのトレンド探偵 のコーナー "パリフォン"は女性に多い?(10月28日放送) の特集で男女で大事にするモノの種類が異なることを、心理学の観点から解説しました。
2017/10/21 日本経済新聞に「科学の知恵 怒りを静める うまく謝る」の 書評が掲載されました(日刊 28面)
2017/10/20 新聞にインタビュー記事が掲載されました。
2017年10月20日 聖教新聞の文化欄(日刊6面)に、怒りの鎮め方や効果的な謝罪方法についてのインタビュー記事が掲載されました。
2017/9/25 ラジオ局(J-WAVE)の「JAM The WORLD」に(月曜から金曜 夜8時〜9時50分に出演します。
9/25-29日までの1週間、"怒りという感情と上手に付き合う方法"というテーマで「KODANSHA CASE FILE」(9時35分頃〜9時40分頃放送)で怒りや謝罪について話をします。
2017/9/25 講談社が出版する 読書人の雑誌「本」9月号に 「ソレダメ! あなたの謝罪と怒りの収め方」 (web版ではタイトルが『謝っているのに、許してくれない」を解決する正しい方法」 関係修復はムリ…と悩む前に』)という記事が掲載されました。
2017/9/20 「科学の知恵 怒りを静める うまく謝る」が講談社現代新書から出版されました。
2017/9/17 中日新聞にPhysiology and Behaviorの論文についての記事が紹介されました(2017年9月17日(朝刊14面))。
読者が作った新聞わーくシート(小学生)のコーナーで、6月13日に掲載された記事(Physiology & Behavior 2017/5/25発表の論文)が取り上げられました。
2017/8/2 米国 ニュース ポータルサイト OZY のインタビューに答えた記事が掲載されました 「Why your next dinner dita shold be with a mirror」
鏡の前で食べれば一人でもおいしく感じるとの論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容です。
2017/7/26 読売新聞社 (朝刊28面)「鏡見ながら食事 より『おいしい』」
鏡の前で食べれば一人でもおいしく感じるとの論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容が紹介されました。
2017/6/16 ほっとイブニング NHK総合テレビ(東海三県)
NHK総合 報道番組「ほっとイブニング」VTRに出演し、現代社会と孤食の問題を解説しました。
2017/6/13 中日新聞社 (朝刊1面)「鏡に映った自分でも食事おいしく」
鏡の前で食べれば一人でもおいしく感じるとの論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容が紹介されました。
2017/6/12 NHK総合 「あさイチ」」に出演しました。
NHK総合 生活・情報番組「あさイチ」の「オンナの怒り解消法!」に出演し、怒りのメカニズムや効果的な抑制方法を解説しました。
2017/6/6 毎日新聞社(6面) 「一人ご飯 鏡は特別調味料…自分の姿でも食欲アップ」
鏡の前で食べれば一人でもおいしく感じるとの論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容が紹介されました。
2017/6/1 「認知科学」誌に論文が掲載されました。
VR空間のキャラクターを、どのような状況で自分自身と感じるかを調べた研究です。
2017/5/31 朝日新聞社(6面)「鏡の前で食べる 一人でも…おいしい」
鏡の前で食べれば一人でもおいしく感じるとの論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容が紹介されました。
2017/5/18 Physiology and Behavior 誌に論文が掲載されました。
一人で食事をするときに、鏡の前で食べればよりおいしく感じ、多く食べるという結果です。
2017/4/12 おでかけサイトにインタビュー記事が掲載されました。
おでかけサイト「いこーよ」に、なぜ子どもの頃のことを覚えていないかの解説記事が掲載されました。
2017/4/1 新組織に移行しました。
改組によって、情報科学研究科から情報学研究科の所属になりました(心理・認知科学専攻 認知科学講座)。
2017/3/16 ソウル大学医学部で行われた学会で招待講演を行いました。
2017 Asia-Oceania Regional Meeting for Marmoset Research "New Era of Preclinical Research for Human Disease using Marmoset"で講演を行いました。
2017/3/1 ラジオに出演しました。
HKラジオ第1 「先読み!夕方ニュース」の特集「"キレる"高齢者たち」に出演しました。
2017/1/15 日本経済新聞社(7面 科学欄)「人の脳、ヘビの脅威で発達」
人の脳や視覚システムはヘビのカモフラージュを見分けるべく進化したとの論文(PLoS ONE 2016/10/27発表)の内容が科学欄(かがくアゴラ)で紹介されました。
2016/12/13 Rの法則 (2016年12月13日) NHK教育テレビ(Eテレ)出演>
Eテレ「Rの法則」番組に出演し,ジェットコースターを怖く無くする方法を解説しました。
2016/12/8 2016年度 ヒューマンコミュニケーション賞(電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)研究会)を受賞しました。2016年3月研究会で川合が口頭発表した研究「Marmoset models of autism did not discriminate reciprocal/non-reciprocal interactions between third-parties」が対象です。
2016/11/25 米国の一般向けonline雑誌 Business Insiderに、PLoS ONEに掲載された論文が紹介されました。
2016/11/13 PLoS ONEに掲載された論文("Breaking snake camouflage: Humans detect snakes more accurately than other animals under less discernible visual conditions")が、英国新聞The Daily Mail online版で紹介されました。
2016/10/27 PLoS ONEに論文が掲載されました("Breaking snake camouflage: Humans detect snakes more accurately than other animals under less discernible visual conditions")。
2016/10/12 経済産業省のキャリア教育、理系の魅力の発信、情報教育推進事業の一環として河合塾が作成、運営する「みらいぶ」の「ニューリーダーからの1冊」ページでインタビュー記事が掲載されています。
2016/10/01 Amercan Psychological AssociationのArticle SpotlightにJournal of Comparative Psychology誌の論文が選ばれました。 こちらにもリンク
2016/09/29 PLoS ONEに論文が採択されました("Breaking snake camouflage: Humans detect snakes more accurately than other animals under less discernible visual conditions")。
2016/09/28 Journal of Comparative Psychology誌の論文が紙媒体で出版され、ページ番号がつきました。
2016/06/29 NHK総合テレビ 「あさイチ」に出演しました。
2016/06/05 朝日新聞 「先端人」で紹介されました。
2016/06/01 採択されていた Journal of Comparative Psychology誌の論文にDOIがついたので業績を更新しました。
2016/05/17 フジテレビ「みんなのニュース」で実験の様子が紹介されました
2016/05/09 「近年の研究」暫定版を公開しました。
2016/04/25 ウェブページを更新しました。


お問い合わせ:川合研究室
E-mail: kawai[at]is.nagoya-u.ac.jp ([at]->@)
 

(2016/04/25 ウェブページ更新 28,765)


[旧ウェブページ リンク]

(2019/9/25 カウンター「0」より アクセスカウンター数)

[ホーム] [プロフィール] [研究紹介] [報道] [研究室設備] [メンバー] [ニュース] [お問い合わせ] [リンク] 
Copyright(c)2016- Laboratory for Comparative Cognition and Neurobiology All Rights Reserved.