3要因の分散分析(混合計画)

 

 

ザリガニ釣りのプロ3人とアマ3人が、2種類の餌をもってザリガニ釣りに行った。時間帯は朝と夕方であった。

 

 

スルメB1

擬似餌B2

C1

C2

C1

C2

プロA1

32

28

29

15

プロA1

28

23

23

17

プロA1

41

34

40

18

アマA2

18

13

5

4

アマA2

20

18

7

6

アマA2

12

12

6

5

数値は1時間当たりの釣果(匹)

 

 

      @ このようにデータを入力する。            A 「分析」から「一般線形モデル」を選択する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   B「継時測定分散分析」を選択してOKを押す。                 C 「変数」を選択する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  D このように選択してOKを押す。                    E 個体内効果を選択する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


   F このように入力してOKを押す。                  G OKを押す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


       H 「全効果」を選択する。            I 結果が表示される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  J 交互作用(餌の種類×時間帯×プロ/アマ)のグラフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果の解釈:@アマよりプロのほうがたくさん釣れる。

      A擬似餌よりスルメを使ったほうが多く釣れる。

      B擬似餌を使った場合、夕方になるとプロの釣果が下がる。

(午前中に擬似餌で釣りをしたことによって、ザリガニが擬似餌を見破るようになったから?)

 

注:これは架空のデータですので、実際にこのような実験をするとどうなるか分かりません。