タイトルロゴ


■ 比較認知科学研究室(Laboratory for Comparative Cognition and Neurobiology)

[English version]

 ヒトや動物(霊長類)の心の働きを生物学的な手法をもちいて調べている研究室です。ヒトと動物の行動を比較し、ヒトの心の特徴や動物との共通性を見出すことや、怒ったときやコワイと感じる生理学的基盤を、脳波や心臓循環器系の生理反応(血圧、心拍、1回心拍出量、総血管抵抗値)を指標として調べてます。
 これらを実現するために、サルの研究は京都大学霊長類研究所(ニホンザル)や国立精神・神経医療研究センター(マーモセット)と協同で研究しています。
 さらに、生理反応を測定する脳波形、各種生理反応計測装置、心拍出量計測装置、超大型モニター(6 K: 55 inch x 9面)や電磁シールドされた専用の防音室などを備えています。
現在は、コンピューターゲームをしている際の脳の活動や、仮想空間内での心理についても調べています。

What's New
掲載日 タイトル
2016/11/13 PLoS ONEに掲載された論文("Breaking snake camouflage: Humans detect snakes more accurately than other animals under less discernible visual conditions")が、英国新聞The Daily Mail online版で紹介されました。
2016/10/27 PLoS ONEに論文が掲載されました("Breaking snake camouflage: Humans detect snakes more accurately than other animals under less discernible visual conditions")。
2016/10/12 経済産業省のキャリア教育、理系の魅力の発信、情報教育推進事業の一環として河合塾が作成、運営する「みらいぶ」の「ニューリーダーからの1冊」ページでインタビュー記事が掲載されています。
2016/10/01 Amercan Psychological AssociationのArticle SpotlightにJournal of Comparative Psychology誌の論文が選ばれました。 こちらにもリンク
2016/09/29 PLoS ONEに論文が採択されました("Breaking snake camouflage: Humans detect snakes more accurately than other animals under less discernible visual conditions")。
2016/09/28 Journal of Comparative Psychology誌の論文が紙媒体で出版され、ページ番号がつきました。
2016/06/29 NHK総合テレビ 「あさイチ」に出演しました。
2016/06/05 朝日新聞 「先端人」で紹介されました。
2016/06/01 採択されていた Journal of Comparative Psychology誌の論文にDOIがついたので業績を更新しました。
2016/05/17 フジテレビ「みんなのニュース」で実験の様子が紹介されました
2016/05/09 「近年の研究」暫定版を公開しました。
2016/04/25 ウェブページを更新しました。


お問い合わせ:川合研究室
E-mail: kawai[at]is.nagoya-u.ac.jp ([at]->@)
 

(2016/04/25 ウェブページ更新 28,765)


[旧ウェブページ リンク]

[ホーム] [プロフィール] [研究紹介] [報道] [研究室設備] [メンバー] [ニュース] [お問い合わせ] [リンク] 
Copyright(c)2016- Laboratory for Comparative Cognition and Neurobiology All Rights Reserved.